除毛剤はアトピーでも使って大丈夫?

 

除毛剤,アトピー

 

除毛剤には毛を溶かす成分であるチオグリコール酸カルシウムが含まれていて、多少でも刺激があります。アトピー肌の人には100%ではないが、肌に負担がかかってしまいます。肌に負担をかけるのを避けるためには、きちんと保護成分が含まれている除毛剤を使う必要があります。

 

試しに使う場合は、必ずパッチテストを行います。パッチテストを行って大丈夫であると分かったら、狭い面積で除毛剤を使用して様子を見ます。パッチテストを行わないで広い面積に使うと、肌にかなりリスクがあるため絶対に止めます。大事な肌であるため、大事に扱います。

 

アトピー肌でドラッグストアで販売されている激安の除毛剤の使用を考えている人は、止めておくのが無難です。激安の除毛剤には、除毛成分に肌の保護が足りていない製品が多いです。特にアトピー肌の人には、肌の保護成分が足りていないのはかなり危険です。

 

価格重視の選び方は後悔する事が多いため、高品質除毛剤だけを厳選して使います。アトピー肌でかかりつけ医が居る場合は、医師に意見を聞くのが確実です。

 

あなたの肌の状態を一番把握しているため、除毛剤の使用の相談やおすすめのムダ毛処理方法を相談してみるのが良いです。

除毛剤を使った後のアフターケア

 

除毛剤,アトピー

 

基本的に除毛剤を使用した後の肌は、ほんの少しであるが表面のたんぱく質が溶けている状態になっています。除毛後にはしっかりと薬剤を洗い流して、アフターケアを行うのが肌を綺麗に保つポイントになります。

 

肌に優しい保湿成分等が配合されているため、除毛後の肌はしっとりとした感じを得られる事もあります。保湿クリームやローションや乳液等で、更に保湿ケアを行うのが大切です。除毛後に保湿剤を塗る前に行うのは、クールダウンです。

 

つまり、しっかりと冷やす事です。小さい保冷剤や濡れタオル等を肌に当てて、除毛でダメージを受けた肌の炎症を沈める効果があります。肌を冷やした後は、保湿ケアを行います。

 

除毛して乾燥しやすい肌に潤いを与えてあげて、ローションやクリーム等色々な種類があるが複数使う場合はローションで乳液でクリームの順番に使います。

 

単品で使う場合は問題はないが、複数使う場合は先にクリームを塗ってしまうとその後にローション等も使用しても肌に浸透しなくなるため注意をします。アフターケアはクールダウンと保湿だけではなく、日焼けをしないように気を付けます。

 

除毛後の肌は通常よりもダメージを受けやすい状態になっているため、日焼けをするとシミになりやすいです。外出する時は、日焼け止め等でケアを行います。

おしりに除毛剤は使えるのか?

 

除毛剤,アトピー

 

おしりに除毛剤を使う場合は、おしりの頬の部分にだけ使います。ただし頬の部分であってもデリケートな部分であるため、事前にパッチテストを行います。パッチテストを行って異常がなければ、おしりに使います。

 

トラブルが心配な人は、肌への刺激を最低限までに抑える事が出来る除毛剤を使うようにします。除毛剤はOライン周りのおしりには使用が出来ず、それは除毛剤は毛を溶かす事でムダ毛を処理していくもので肌への刺激を抑えている除毛剤でも多少の負担はかかるためです。

 

肌よりデリケートな粘着部分に付着すると、トラブルが起こる可能性が非常に高いです。Oラインの部分は粘膜であるため、Oライン周りに脱毛剤を付ける事で粘膜部分に除毛剤が付く恐れがあります。

 

万が一の事を考えて、粘膜付近に除毛剤を付けるのはとても危険であるため、絶対に使用をしない事です。おしりの毛におすすめの除毛剤は、NULLのリムーバークリームです。太くて濃い毛もしっかりと除毛出来る程除毛力が高く、配合されている成分は低刺激なものばかりです。

 

一度使うとツルツル肌になれるが、アフターローションを併用すると毛の生えるスピードが遅くなりツルツルの肌を長く維持出来ます。

除毛剤が髪についた時の対処法

 

除毛剤,アトピー

 

除毛剤が髪についた時は、直ぐに洗い流せば問題がないです。うっかり髪についた事を知らないで放置していると、落ちた髪の毛束を見て気が付く事もあります。万が一そうなっても除毛剤には脱毛の効果はなく、カミソリで剃った時のように少し経てばまた元通りに新しい毛が生えてきます。

 

しかし髪の毛も他の部分の体毛と同じケラチンと言うたんぱく質で出来ていて、放置をしておくと脱毛されてしまいます。除毛剤を使う時には、頭や髪の毛に付かないように注意をする事が大切です。除毛剤は基本的には手で塗るものではなく、ヘラを使って除毛を行います。

 

偶然に髪の毛に付いても、根元に付く事はほとんどないです。除毛剤を使う時には、髪の毛を束ねておくのを忘れない事です。サイドの髪が垂れてきて、耳にかける時に除毛剤が付いてしまう事は意外と多いです。しっかりと髪の毛を束ねておくと、顔の横に垂れてこないようにします。

 

うなじの除毛を行う時も同じで、おくれ毛を巻き込まないようにおくれ毛はあらかじめワックス等でまとめておきます。出来る限り意識して除毛剤を使う事で、未然に防げるトラブルになります。きちんと対策をして除毛剤を使って、髪の毛に付かないように気を付けます。

ヌークミルクローションの通販購入はこちら!【口コミあり】トップページへ濃いムダ毛ががコンプレックスの方、ムダ毛のないスベスベの肌を目指したい方は、トップページでヌークミルクローションの詳細をチェックしてみてください。