除毛剤の危険性とは?

 

除毛剤,危険性

 

除毛剤はクリームを肌に塗って、ムダ毛を溶かして処理をします。メリットはあるが、デメリットも多くあります。太くて頑固なムダ毛を溶かしているが、肌に大きな負担になっています。ムダ毛の成分はたんぱく質で、たんぱく質を溶かして除毛するのが除毛剤です。

 

実は肌もたんぱく質で出来ていて、除毛剤を使う事はムダ毛を溶かすだけではなく肌も溶かしてしまう事になります。除毛剤を塗って放置している間は、どんどん成分が肌に浸み込んで肌表面が溶けている状態になります。気が付かないうちに、肌が大きなダメージを受けている事になります。

 

このため、除毛剤を使うなら肌が弱い人は避けるようにします。肌が強いから大丈夫である人でも、肌が溶けるのは何かしらのダメージがあります。除毛剤を使った後は、しっかりと肌のケアを行う事も重要です。肌表面のコンディションを整えないと、炎症が起きた時に痕が残る可能性が高まります。

 

このような炎症は化学熱傷と呼ばれていて、皮膚表面の細胞がなくなるために火傷のような状態になる事もあります。毎日除毛剤を使ったり、決められた放置時間を大幅に過ぎたりする事がなければ大きな影響はないです。除毛剤を使用する時には、気を付けます。

 

きちんと使用方法は守る事で、除毛剤を上手く活用出来ます。

除毛剤を使うと毛が濃くなるのか?

 

除毛剤,危険性

 

除毛剤で除毛するのは、毛を根元から溶かす方法です。除毛剤を使うと毛根は残っているが、断面が細いため毛穴が目立ちにくく生えてきた毛も薄く見えます。

 

しかし除毛剤を使ったら毛が濃くなったように見える事があり、それは体毛が段々と濃くなっていく年齢の時に除毛剤を使って毛を濃く見えるように感じる事があります。その場合は成長過程で元々段々と毛が濃くなっていく時期であるため、毛が濃くなっても除毛剤のせいではないです。

 

もう一つは除毛剤で処理をした後の毛が濃く見える原因があるとしたら、除毛剤を使って急激に毛がなくなったためかもしれないです。一旦毛が全くないツルツルな状態を目にすると、元の量に戻っただけでも以前よりも濃く感じられる可能性があります。

 

除毛剤で処理をすると、毛根が残るため効果は一時的なものです。いずれは毛が伸びてくるのを理解して、毛が伸びてきたらどうなるのかを考えて処理をする必要があります。除毛剤にはいくつか種類があり、除毛後に生えてくる毛が濃く見えないように工夫されているものもあります。

 

除毛剤を選ぶ時には、生えてきた毛が濃く見えない工夫がされている除毛剤を選ぶ事が大事です。例えば抑毛効果がプラスされている除毛剤を選ぶと、以前よりも濃くなったと感じる事が減らせます。

除毛剤の注意点

 

除毛剤,危険性

 

除毛剤には、有効成分であるチオグリコール酸カルシウムが配合されている事が多いです。チオグリコール酸カルシウムは、毛髪を生成しているケラチンタンパク質に作用して毛髪を分解して除去します。この作用が毛髪分解になって、ムダ毛になっている体毛を綺麗にしてくれます。

 

クリームを塗って放置をした後の体毛は、溶けたようになるため拭き取る事が可能です。チオグリコール酸カルシウムの作用が効果的に働くように、アルカリ剤を含有させている事があります。長時間放置をすると、炎症を起こしてしまう可能性があります。

 

アルカリ剤は人間の皮膚に刺激があるため、肌質が弱い人やアレルギー体質の人は長時間使用するのはおすすめ出来ないです。使用方法も注意が必要で、説明書に書いてある使用方法をしっかりと確認をして使用した後は肌にクリームの成分が残らないようにしっかりと洗い流す事が必要です。

 

それでも皮膚に炎症が起きたら、使用を中止して皮膚科を受診します。剃りにくい部分に使用した場合は特に注意をして、しっかりと洗い流してその後には身体全体を洗うのがおすすめです。除毛剤を使用する時には、説明書を熟読して十分理解してから使用をしていく事です。

除毛剤の副作用

 

除毛剤,危険性

 

除毛剤の中に含まれている毛の表面を溶かす成分は、たんぱく質に反応してタンパク質を溶かす事でムダ毛を処理出来ます。しかし皮膚もたんぱく質で出来ているため、除毛剤を使用する度に皮膚も溶けていきます。

 

また刺激が強いものが多いため、敏感肌やアトピー性皮膚炎で悩んでいる人は使用前にパッチテストを行ってから使用します。除毛剤に配合されている毛を溶かす成分は肌に刺激を与えて、肌荒れやかぶれ等を引き起こして炎症を起こす場合があります。

 

元々肌が敏感である人や、体調が悪い時にはおすすめ出来ないです。更に除毛剤を使用したら、毛が濃くなったという意見があります。人間の身体には自分の身体を守るための防御システムがあり、除毛剤の成分で肌がダメージを受けると肌を守るために生えている毛が太くなって守ろうとします。

 

どのようなものを使用する時でも同じ事は言えるが、使用前にはしっかりと説明書を読みます。パッチテストのやり方も書かれているが、肌が弱くなくても使用しているうちに段々と皮膚も溶けていき肌トラブルも起きやすい肌になってしまいます。

 

そのため、皮膚に悩みがない人でも頻繁に使用したり使用する量や放置する時間等をしっかりと守ります。

ヌークミルクローションの通販購入はこちら!【口コミあり】トップページへ濃いムダ毛ががコンプレックスの方、ムダ毛のないスベスベの肌を目指したい方は、トップページでヌークミルクローションの詳細をチェックしてみてください。